「津波」想定避難訓練 要項


津波避難訓練をどうやればいいか、マンションの事例です


※ 避難訓練の形態は地域によっと異なります。大阪市住之江区ファミリートーク新北島法人

  実際に用意したものです。参考にしていただけるなら、何よりです。

    当マンションの特徴は

     ① 大和川、河口から2Km、堤防の際に立地している14階建て1棟の分譲マンション

     ② 管理等[事務所・集会所・電気・浄水設備]と居住棟が、通路で隔たっている

     ③ 今回のハザードマップ見直しで、5~7mの津波を覚悟しなければならない地域

    したがって、「津波」想定は必須。

     ● 大津波が到着するまでの2時間以内に、対策本部を居住棟にうつさなければならない

     ● 防災名簿の作成、防災リーダー(ボランティア)募集、安否確認マグネットシートなど防災グッズ・

       発電機・インターネット・無線機など連絡手段の確保活用を目指した

     戸建住宅の多い地域よりは、比較的訓練はしやすいですが、避難場所の確保だけでなく、

    安否確認と残留者の救出[サルベージ・大変危険を伴う]周辺住民との対話など共助・公

    助につながるまでの情報収集と処理は大きな課題です。



最終目標は、水が引いた後、地域小学校の救助体制を組む!ことです

  現在、地域と学校間で、安否確認を取る術はありません。

資料


災害に強いマンション宣言2005年

災害に強いマンション宣言2005年

災害発生時初期行動マニュアル2011年

津波など災害発生時初期行動マニュアル2011年

今回訓練の前日説明プレゼンテーション

前日説明プレゼンテーション

訓練後直後の反省会[拡大防災委員会]反省会で提示プレゼンテーション

反省会プレゼンテーション

訓練当日の役員用スケジュール・テーブル

役員用スケジュール・テーブル



時間軸にそった避難訓練の流れ


時刻 項目 説明
前日 集会所 安否確認シート、ヘルメット、安否確認用のバインダーを役員に配布

詳細説明
9:00 玄関ホール

理事 運搬準備
全役員集合 放送係(事務室) 

事務室から防災持ち出し備品搬出[   ][   ][   ]

人数変更調節[   ] 

安否確認総括表バインダー配布[   ]

すのこを3枚4階へ移動[   ]

ダミー人形  外階段の前[(区役所[   ] ) [   ]
9:03 防災リーダー・役員 第1回目 安否確認 

安否確認マグネットシートを調べる。 安否確認総括表に記入

第2回目 避難誘導 最初の誘導     各住戸をピンポン 
9:10 災害対策本部立上 理事長・町会長・[   ]

非常放送 1~3階避難指令 避難誘導 各階2名は安否確認に専念そのあと誘導、

一人は本部連絡して、各階へ戻る
    第3回目 避難誘導点呼 町会役員・理事 エレベーターホールに集合してもらう

1階→5階、2階→6階、3階→7階 

第4回目安否確認総括 ホワイトボード表に参加人数を記入うながす

人数は点検後 4階へ徒歩で報告
9:20 4階本部設営 長机2・椅子・ホワイトボード[   ][   ][   ]

災害対策本部 設営 1-3階は誘導後・捜索[サルベージ]・救助[レスキュー]

各階の点呼総括に1人を残して、残りは、4階 対策本部へ各階ごとの報告をすること

事務室(防災名簿)と本部の安否未確認者を照合、電話連絡等で所在を確認する。

対策本部で、ハンドマイク・無線機(有免許者)すのこを受け取る

1階は4人1組で3班(バディシステム・・バラバラで行動すると、人の運搬はできない)

2階は2人1組で2班(最初、一通りサルベージ、次は4人1組に編成替え、すのこ

をもらってきて、レスキュー)

1・2階が済み次第3階へ移動。  救助[レスキュー]は4階を目指す。

捜索[サルベージ]・救助[レスキュー]密に本部と連絡を取り[ハンドマンク]、指示も仰ぐ。

本部は、ホワイトボードに総括する
  防災名簿使用訓練 事務室 防災名簿用意と連携
  サルベージ

1~3階
第5回目 サルベージ 1階③班は ダミー人形をすのこに乗せて4階へ

残りの班は 3階も回ってから4階へ

1階 ①[   ][  ][  ]②[   ][  ][  ] ③[   ][  ][  ]

2階 ①[   ][   ]②[   ][   ]
9:30 全員退避 4階で参加者数などの集計  集計ができたら事務室にプレイロット集合を放送してもらう
  プレーロット集合 ゆっくり 移動してもらう。
9:45 集合完了 片づけ 事務室[   ][   ][   ]   4階[   ][   ][   ]
  消防署の消火訓練 同時に 通報訓練[   ][   ]
  区役所 今回の3.11の様子について
  解散 行事参加確認証
10:30 反省会 集会室


「津波」避難訓練 計画の立てかた


とにかく、すぐに計画を立てて実行しましょう。一度でもやれば、イメージがつかめます



目的をしっかり把握しよう

項 目 説 明
避難場所を知る
地域の差はありますが、河口、港湾、海岸付近では、4階以上

戸建て住宅地は、どこに避難するか日常から決めておくと、時間をかせげる。

実際には、てんでんこう

てんでんこう 住民に確認するべきこと

  小学校や保育園には、迎えに行かない。[今回の教訓]

  ラジオ・放送など、正しい情報を逐次入手する

放送設備が使える場合 繰り返し伝えること

  ラジオ・TVの情報を繰り返す

  避難場所がどこか、正確に・分かりやすく伝える。[日常から原稿を]

  小学校や保育園には、迎えに行かない。

水が引くまでガマン 何日で水が引くか、誰にも判っていない。[川の氾濫は目安がある]

  水・食料その他・生理的な問題も、避難してからゆっくり、知恵を出し合う

  津波警報が出ている間は水から遠ざかる

避難の長期化 リーダーを決めよう

  訓練のとき、リーダー・ボランティアを決めていても、その時いない。

  あわてず、間違った行動をとる人を抑えるためにも、最低の組織化を

  誰でもいい[今回は昼下がりで、地域は女性・シニアばかりだった]

リーダーの仕事 安否確認

  避難所に誰がいて、誰が確認できないか、まとめる

  外部との連絡の確保。個別でとるとしても、情報は共有する

  記録をできるだけ取る。(まず出来ないか)

その後(水が引いたら) 子どもたちの安全を確認・確保する

  共助の体制つくり、公助の受け入れ



実際に訓練前日の役員対象説明会で配布した資料




さいごに


※  今回避難訓練の結果は、安否確認マグネットシートの使用率92%(187/205)参加者160名以上

  外部からの参加者を含むと言えど”父の日日曜参観”とかぶったマイナス条件下としては、

  最高の参加者数でした。

   近隣にも、避難場所として提供することを表明したこともあり、部外者の受付も行いました。

  参加いただいた皆様に感謝します。

  大阪市住之江区ファミリートーク新北島法人のホームページはこちらです。

  防災に関するページはこちらです。

  防災委員会や、この取り組みに至ったすべての資料が閲覧できます。

  わたくし事ですが、fumichu_yakan 大阪市立文の里中学夜間学級 Twitter