大阪市を守る防津波堤防は、飲料水の問題も解決する ・・・


第1章 大阪の水道水の量


  項   目   説   明
大阪市の水道使用

大阪府の水道使用量量


 
1300,000m3/日

2200,000m3/日

合計350万m3/日

ここで、大提案 !! 大阪へ首都を動かすとなると、飲料水の不足はボトルネック


大阪湾・[淀川大堰下流]淡水化、貯水池計画


第2章 その貯水量は !


 項  目  説  明
大阪湾の面積 有効な面積

淀川大堰より下流 有効な面積
約 13km2  13000000m2

約 8km2  8000000m2
13km2の大阪湾に1mの淡水をかくほしたなら
市・府合計350万m3が何日取れるか
13000000m3 ÷ 3500000m2
            = 4 [日]
5m強の水が貯まれば、ほぼ3週間の飲料水が確保できることになる。
もし、淀川下流にも淡水を貯めたとすると 21000000m3 ÷ 3500000m2
            = 6 [日]
5m強の水が貯まれば、ほぼ1ヶ月の飲料水が確保できることになる。

今までのように琵琶湖に依存していたとしても、渇水時1ヶ月もつということは、大阪の人口が倍になっても良いということだ。
 項  目  説  明
航空写真
地図
濃紺の部分を淡水化する。
勿論、ダムが数箇所必要


  上地図の赤線が新たに構築する堤防になる

つまり、飲料水用の淡水貯水池を確保することを念頭に防潮堤を築く!!
真夏、ふんだんに散水、噴霧することで ヒートアイランドが防げたら・・・・いい[使用電力量減]

大阪市だけを守る防津波堤防は これだ



  わたくし事ですが、大阪市立文の里中学夜間学級 Twitter