電力供給 不足問題に 提案 古くからある しかし ・・・

私はこれを提案しよう

水の替わりに200tのコンテナをケーブルカーの要領で流す!



画像をクリックすると大きくなります。
[戻すときは周辺の暗い部分をクリック]

六甲・生駒・葛城山を立地に選んだ
揚水式ダムに代行する10万kw発電
ケーブルカーとはこんなもの


第1章 水力発電所のばあい  [最初はお勉強 飛ばしてください]


  項   目   説   明
黒部ダム オフィシャルサイト
黒部ダムと黒部第四発電所
 ”あの黒部の太陽”の感動は今も語り
 継がれている。最初は、ここから基本
 的なエネルギー法則を復習しよう!
有効貯水容量 148,843,000m3
有効落差 545.5m
使用水量 72.0m3
発電量年間10億Kwh
発電出力 33万5千Kw
水力発電所の出力
 P=8.5QH[kw]
    Q=VA
    V:流量[m3/s]  A:断面積[m2]
    H:有効落差[m]
係数の8.5は本来、位置エネルギーの公式からくるべき9.8であるが
 8.5=9.8×損率 と言うことらしい。
 逆に、水力発電の損率は10%ほどで、大変効率がよい。

  ※ 33万5千kw = 8.5 × 72 × 545.5
力学的エネルギーの保存(ベルヌーイの定理)
 mgh+(mv2)/2+p=一定(全圧)
ベルヌーイは飛行機が飛ぶ揚力が有名
今回は位置エネルギーにスポットするので、p[水圧]はここまで
位置のエネルギー
 E = m × g × h
   E:エネルギー(J)
   g:落下加速度9.8(m/s2)
   m:質量(Kg)  h:高さ(m)
1t のコンクリートを100mの高さから8時間かけて降下、すべて発電したら
 E = 1000 × 9.8 × 100 = 980000[J]
     8時間(8 × 3600秒 = 28800秒)
   980000J ÷ 28800秒 = 34W
たったの、34Wかよ! [仮に11%損失で30w]蛍光灯1本分

位置エネルギーで発電する[水力発電]。または電力を貯蓄[揚水式ダム]することに限界があるのはこのため ! つまり大きい電力は望めない。仮に大阪の夏の不足電力が200万Kwなら、黒部ダムがあと6ついることになる。・・・・沈黙


不足電力の200万Kwだけでも なんとかならんの ? 
         [本当は100万Kwでいけると思ってしまうが..]


第2章 位置エネルギーで、発電、貯蓄・備蓄の原理は何 !


 項  目  説  明
コンテナをコンクリートの塊にしたら
(車輪をつけて)
海上コンテナはISO規格(40フィート 30cm高いタイプ)の場合
    体積 = 12.2m × 2.4m × 2.9m = 86m3
        すべてコンクリート製なら 密度 2400Kg/m3
      重量 = 86m3 × 2400Kg/m3 =
          = 206.6t  だ
高さ400mにあったらどうなるの
それを1時間かけて電力にしたら ?
位置エネルギー E = 9.8 × 206600Kg × 400m
            = 809872000J
     これを1時間(3600秒)で割ると
       809872000J ÷ 3600秒 = 224964.4w
水力発電並みの損失として、8.5×206.6t×400m÷3600秒=195Kw
少し横道へ

もしこれを1秒間で消費したら?
 E = 8.5 × 206600Kg × 400m を採用して
   = 702440000J     これを1秒で割るだけだから
     702440000W     70万Kw
 ただし自由落下で400m落ちるのに9秒、速度は319Km/h これを1秒でこなすなんて尋常ではない
第1目標 1万Kw
206t のコンクリート、落差400m
傾斜30°の斜面を下る速度は
1万Kwを発電するのに、コンクリート206t の塊はいくつになるか
 10000Kw ÷ 195Kw = 51.2個
1時間のべ走行距離  400m×51.2=20480m ※ 垂直方向なら時速20.5kmか。
傾斜が30°[斜面長さ800m]で41km/hになるな
第2目標 2万Kw ⇒ 5万Kw
206t のコンクリート、2個で、条件を同上

時速41Km/h
傾斜30°、斜面長800mに1個コンクリート塊が41Km/hではしる時
走りきるのにかかる時間は800m ÷ 41Km/h = 800 ÷ 41000m/h
    0.0195時間 = 1分10秒
2個のコンクリート塊を41Km/hで走らせるには、35秒おきに、斜面を走らせる事になる。
間隔は400m。
間隔を200mにして、17.5秒間隔にしたら、一気に4万Kwだ
間隔を160m、14秒にできたら5万Kwだ
第3目標 10万Kw⇒ 20万Kw こんな装置を2装置とか、4装置を組み合わせられたら、10万~20万Kwの発電所に匹敵する。

位置エネルギーで電力を貯蓄することは、まったくの絵空事とは言い切れない。今、「安価(嘘だった)」な原発をはなれ、 しかし、ダムを建設する場所を探すこともできず、このストレスを誰かが解決しなければならない
      
画像をクリックすると大きくなります。[戻すときは周辺の暗い部分をクリック]

  作ろう ! 位置エネルギー型電力貯蓄型装置を ! 5~10基作ろう !



第3章 関西電力(大阪です)電力ピークを解決するとは !


 項  目  説  明
←公式サイト
原子力が増えて、石油系が減っている。誠にめでたい。CO2の ことを考えるとね。
ここに、原子力の一番の特徴が見える。つまり
一度原発を運転すると、13ヶ月間(次の定期点検まで)とまらない。
火力・水力は需要に合わせているから、季節別昼夜別の需要の低下で
出力を落としているんだ。

よく見ると、水力が横ばいだ。一番安いからだ。
真夏のピーク時、関西電力は
200万Kwの余裕が欲しい。
過去、アメリカ・ニューヨークで大停電が発生、なかなか復旧しないという
事件があって、大きめの数字を公表しているのは分からないでもない。

さて、根本的に電力備蓄の研究はされているのかな?
関西電力は縦軸のスケールを6分の1にすると良い。
夜明け前と昼過ぎの落差、これを埋めたものが、電力業界の長となる。
関西電力では、昼過ぎ3000万Kw、明け方2000万Kw、
差1000万Kwは、黒部第四発電所の30基分、そして、福井県に集中する
原発発電量でもある。

500万Kwの貯蓄ができれば、それで良いんだ。

この線をクリアできるようになると、

原発依存から脱却が可能になる?

1日の変動と、1年間の変動とで、スケールが同じなのはどういうことだ。つまり、
夏の昼下がり最高が3000万Kw(関西電力)で、冬は昼が2000万Kwで、冬の夜中は、
3分の2として、1400万Kw。本当の年間格差は2倍以上だということだ。

800万Kwの貯蓄ができれば、もっとも効率が良くて、CO2も問題も

小さくなる。(日数分の積算が考えに入っていない)


  作ろう ! 位置エネルギー型電力貯蓄型装置 ! 800万Kw(あくまで大阪) 積算したらいくら?   



位置エネルギー型 電力貯蓄・備蓄の立地条件


第4章 後は行動あるのみ

  世論を生み出し、市・府・国を動かし、そして関西電力を動かそう


 項  目  説  明

立地条件
  ● 電力消費地に近いこと

  ● 高低差が300m~700mは必要 大阪は生駒・六甲・泉州・高野山・・・

  ● 山上にも、麓にも、コンテナスペースが必要  最後は、隠れた公共地・地下

  ● PR 

  ● あとは技術力

  ● モチベーション


  ● 大阪だから関西電力で

発想はケーブルカー

   スキー場高速ゴンドラ

   そして信貴山スカイライン


発電所は10万~20万Kw

巻き上げ機は、モーターに限定しない。

中腹のふくらみは、ケーブルカーのなごり
ケーブルカーとはこんなもの

夜は、巻き上げる。

昼:8時間   発電

夕~夜~朝~昼前:16時間 巻き上げ

 ※ 問題点

  山上にコンテナ駐車スペースが必要

  ● 1時間1万Kwで51台のコンテナ  8時間で、408台

          408台 × 13m = 5300m [単線の線路なら]

  ● 5万Kwだと、2040台、26.5Km 信貴山スカイラインが満杯だ!

    でも2000台の駐車場と思えばできるかも

  ● 複合式にして20万Kwができたとしたら、2040 × 4 = 8160台、USJだ

 複合式のイメージ ①

  一つの発電機を4ケーブルで動かすと
   

 複合式のイメージ ②

  夜間コンテナ、山上の線路上に貯める

500万Kwに挑戦

  ● 意外とこの答えは簡単で、20万Kw複合式を25箇所作ればよい。

     あくまでも、1日の電力量を平らにはできても、季節変動はこうは行かない。


季節変動の是正に挑戦

  ● 800万Kwの24時間かつ4カ月貯蓄したとして、

     51台 × 800(/1万Kw) × 24時間 ×120日

   = 117504000台 1台が 86m3  100億m3  

   100億m3 = 2.2Km立方 

目指せ! 平成新山

 ちょっと大き目のゴルフ場10に2000m級の山を山の上に積む(平成天邪鬼)